スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
トップ画像変更と注意喚起
瀬戸市のAsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーター(→)かみおゆきのブログです


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*



パソコンからAsMamaの子育てシェアサイトを開くと


こんな風にログイン前の画面が変わりました*


携帯電話やスマホからの閲覧は変わってないですが



パソコンから観ると伝わりやすい仕様になってます*



(6/3同じようにやったら元に戻っていました。あれは何だったんだろー…)







そして、AsMamaからのお知らせ*

http://www.asmama.co.jp/info20160520/

お友だち同士、顔見知り同士が前提の子育てシェア



過去にあったベビーシッター事件のようなマッチングサイトではないので



使い方を誤ることのない様、よろしくお願いいたします。




ママサポーターである私ですら




面識のない方のお子さんのお預かりはお受けしておりません

(メッセージからお問い合わせくださる方には、事前面談という形で何かしらお顔合わせできるようにしています^ ^)




相手のお子さんのため、家族のため、子どものため、自分の為




究極に困ってしまい、一途の光を求めてみえる方がいるとしたら…




ごめんなさい




子育てシェアではない方法を一緒に考えれたらと思います




ちょっと困った!!ってゆうのはホントに突然やってきます



その時、高熱で身動きとれない…時間がない……>_<…



そうなる前の元気なうちに、是非どのイベントでもいいので、AsMamaのイベントに足を運んでみてもらえたらと思います*




だけどイベントが全てではないです




お友だち同士で一緒に登録をして、すでに活用されてる方々もたっくさんいらっしゃいます




まだ使い方が分からない…頼れる人がいない…という方はAsMamaのイベントに行くことをオススメします☆




ママサポーターは地域子育てのお世話役、だいたい変な人、怖い人はいません(笑)




役に立ちたいと思って研修を受けています




もしそのママサポーターが怪しい…と不安になる方は一人でもお話できる相手なら構いません




一緒に登録してください*




マッチングサイトではないよーって事



どうぞよろしくお願いいたします*






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※本ブログは、AsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーター個人が管理・運営しております。
AsMama公式ウェブサイトではありません。
●AsMama公式ウェブサイトはコチラhttp://asmama.jp/
●顔見知り同士で送迎・託児を頼り合える「子育てシェア」https://kosodate-share.asmama.jp/
「子育てシェア®」及び「AsMama®」は株式会社AsMamaのサービスです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト
[ 2016/06/01 22:59 ]

| ◎AsMamaについて | コメント(0) | トラックバック(0) |
みんなでつくろう。みんなの”暮らしやすい!”を。
瀬戸市のAsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーター(→)のブログです



*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*



パルティせと→☆には市民活動団体に登録しているところのチラシやその他色んな情報のチラシが置いてあって

久しぶりにじっくりと見てきました。




確かあれは男女共同参画のコーナー

パラパラと見ていたらなんか見た事ある文字。。。

『子育てシェア』発見!




何だこの冊子!?とよく見ると

女性の活躍を支える民間等の創意工夫ある事例

の一つとして載っていました。



・・・で、どこの冊子だ?!とみると

政府の広報・内閣官房・すべての女性が輝く社会づくり推進室発行ではありませんか

そういうのがあったのね




政府が推奨している頼り合いの仕組み・子育てシェア

ママサポーター事情として、広報活動があります。

”ここの施設は親子が多く出入りしているから子育てシェアのチラシを置いてもらいたいな~”

”このお店にチラシを貼らせてもらえたらもっと多くの方に子育てシェアというものを知ってもらえるな~”

と期待を胸に、先方にお伺いすると

『株式会社というだけで受け付けられない』と撃沈することも多々あるんです。

そんな時お堅いお相手にはこうした冊子を見てもらうと説得力あるのにな~と思ったんです。

でも、この冊子は閲覧用で余分にはないとの事で頂けませんでした。。。

もちろん、お話を聞いてくださる方によってはすっごく共感してくださり、応援してくださる方もみえます。

だけど、方針としては特定の会社だけをお受けすることが出来ないんですよね、はいぃ。




ママサポーターって、営業職じゃないけれど

どんなところにチラシを置かせてもらったり貼らせてもらえたらより多くの方に伝えられるんだろう、と

試行錯誤しています。

このお店なら置かせてもらえるんじゃない?この人なら応援してくれるんじゃない?という情報をおもちでしたら

ぜひ教えてください☆



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※本ブログは、AsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーター個人が管理・運営しております。
AsMama公式ウェブサイトではありませんので、ご承知おきください。
●AsMama公式ウェブサイトhttp://asmama.jp/
●顔見知り同士で送迎・託児を頼り合える「子育てシェア」https://kosodate-share.asmama.jp/
「子育てシェア®」及び「AsMama®」は株式会社AsMamaのサービスです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ 2016/04/16 22:36 ]

| ◎AsMamaについて | コメント(0) | トラックバック(0) |
子どもの手は離れたから、今度は
瀬戸市のAsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーター(→)のブログです


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*



先日、息子のお友だちママと一緒に名古屋市西区の地域交流会に参加してきました。



子連れじゃないけど、いいのかなぁ?と気にしてた様です。





それがね、




AsMamaのイベントって誰でも参加してOKなんです。



誰でも。



子育てに困ってる人だけのものではなく

自分の子どもは手が離れたから、小さい子預かってもいいよ
(小さい子みると懐かしいよね~*ってほくそえんじゃう♡って方よく聞きます)

子育て支援・女性支援の活動をしているから、そういう人にもこのシステム知ってほしいなとか

うちの娘にも教えてあげたいというアクティブシニア世代

今、子育て支援の勉強をしていてリアルな経験を積みたいという若者、学生さん

行政や企業の方までも見学に見える時あります。





そして、AsMamaって単語をまだ聞いたこと無い方、耳にしたことはあるけどよく分からんって方も



どなたでもご参加いただけます。




繋がりづくりのイベントだから

遠慮なく参加しちゃってください☆

そして繋がりをつくる為に自己紹介の時に資格とか得意な事とかお仕事の事とか

ぜひ教えてください☆

(営業と思われちゃうかな、自慢してるみたいで気が引けるな、とは思わなくていいんです*
それは受け取った相手が感じることだから。自分で決めないでね*)





お友だちは自己紹介の時に

”子どもはだいぶ手が離れたし、実家も近くだから預け先には困ってないけれど

これからは預かれるのでよかったら頼ってください”


って言ってた!!

しかも、交流会の前の日に別のお友だちの子を預かったよって聞いててね。





いやいや!聞いてなかったよ~!そんな朗報☆





交流会で子育て観をシェアする時間があるから

ママ友の新たな面がみれて嬉しかった*

心細いから一緒に行ったんだけど

お互いが、それぞれで楽しんでたし♡

帰り道でもどんな出会いがあったか、また盛り上がったりしてさ!



西区の交流会、今盛んに行われてて次は4月22日(金)

またお友だち誘っていこっと☆






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※本ブログは、AsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーター個人が管理・運営しております。
AsMama公式ウェブサイトではありませんので、ご承知おきください。
●AsMama公式ウェブサイトhttp://asmama.jp/
●顔見知り同士で送迎・託児を頼り合える「子育てシェア」https://kosodate-share.asmama.jp/
「子育てシェア®」及び「AsMama®」は株式会社AsMamaのサービスです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ 2016/04/14 22:12 ]

| ◎AsMamaについて | コメント(0) | トラックバック(0) |
子育てシェアAsMamaの登録が途中のまま進まない方へ
瀬戸市のAsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーター(→)のブログです


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*



やっとコレだ!!って思って鼻息荒くAsMama子育てシェアに登録したのに

本登録ができないーーー!!

って方、めっちゃ多いのです!!



・イベントに参加して
・サイトを見つけてひとまず仮登録してみて
・後で本登録をしようとしたらアドレスとかパスワードが分からなくなって(*_*)

など相談を受けます。



私の周りのお友達にも実際にいますんです。

アドレスの入力が大文字・小文字が違った。。。

とか、”@”が小文字になってないのに気付かず(*_*)何回も同じの入れてるのにダメーーーー!!

って方も。





あと、プロフィールの写真を登録するのですが(顔見知りやお友達が前提の頼り合いの為)

この写真が登録できないーー(>人<;)とか。




システム的な問題は私はちょっと詳しくないもんで

AsMamaの総合的な問合せ先のinfo@asmama.co.jpに問い合わせをおねがいしています

ここはプロにお任せしますm(_ _)m





登録できない多くは

Q. 登録したID(メールアドレス)を忘れてしまいました
A. ログイン画面下部のお問い合わせ→☆より件名:「登録メールアドレス忘れ」とし本文にご登録いただいておりましたお名前をフルネームで、また連絡先電話番号もご記入の上お問い合わせください。

Q. 登録しても自動返信メールが届きません
A. 以下の原因が考えられます。
1.携帯電話の場合、受信拒否設定がされている。
なりすましメール設定の変更が必要な場合もございます。
→@asmama.co.jpを受信できるように設定したのち、ログイン画面の下にある「本登録の案内メールが届かない方はこちら>>(https://kosodate-share.asmama.jp/users/confirmation/new)」からお手続きください。
※docomoをお使いの場合、受信拒否設定を変更後24時間たたないと反映されません。そのため24時間後にお手続きください。
2.迷惑メールフォルダに入っている。
→迷惑メールフォルダをご確認ください。
3.メールアドレスを誤って入力し登録した。
info@asmama.co.jpまでお問い合わせください。
4.メールアドレスの@の直前に「.」(ドット)が入っている。または「?」を使ったり「.」(ドット)が連続して使われているアドレス。
→アカウントとして登録できないメールアドレスです。その他のメールアカウントで再度ご登録ください。

その他ご質問などありましたらinfo@asmama.co.jpにお問い合わせください。




④の@の前にドットが入ってるアドレスって案外多いんですよね。
私もそうだし、岐阜の友達もそう。

だから他のアドレスを使うしかないんですよね~。
gmailというフリーアドレスは登録無料だし、スマホやiPhoneの方はアプリがとれるので、ダウンロードして使うのがオススメです☆

ドコモはメールの送受信にお金がかかるので、文字数が多かったり写真が添付されてくると、ちょっとな・・・って感じてたんです。
なので私はgmailのアドレスを作って、今ではほぼgmailのアドレスでストレスなくお友達と連絡を取りあっています。




鹿児島県のママサポーター加藤さんもブログに書いています
【今日の交流会で分かったこと。彼女がAsMama「子育てシェア」に登録しなかった理由。 】




もし登録の段階でちょっとつまずいている方がいらしたら…

こちらのブログのコメント欄からお知らせください。

コメントは私だけしか見れない様に投函する時に非表示設定もできます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※本ブログは、AsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーター個人が管理・運営しております。
AsMama公式ウェブサイトではありませんので、ご承知おきください。
●AsMama公式ウェブサイトhttp://asmama.jp/
●顔見知り同士で送迎・託児を頼り合える「子育てシェア」https://kosodate-share.asmama.jp/
「子育てシェア®」及び「AsMama®」は株式会社AsMamaのサービスです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ 2016/02/11 16:08 ]

| ◎AsMamaについて | コメント(0) | トラックバック(0) |
facebookでつぶやいてみたら…
瀬戸市のAsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーター(→)のブログです


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*


前回ご紹介したAsMamaの記事が掲載されている

好きな雑誌*かぞくのじかん

について。→こちらの記事☆



facebookにボソっとつぶやいてリンクを貼ったら

思いのほか”いいね”をいただきました。





それがこちら。(以下文章)

【ワークライフバランス】
子どもがいても仕事ややりたい事を実現していくには…

頼る勇気と感謝の気持ち
自分一人では何もできないんだと認めること。

頼る事は負けではないから、大丈夫。
むしろ頼れたら勝ち。

一人目育児で全て自分でやらなきゃ!って意固地になってた頃の私に告げる…^^;


(以上)





ここしばらくキーワード的に耳にしてきた

【ワークライフバランス】

やっと自分の生活に当てはめて考えれるようになりました。

新年度から下の子が入園するのを機に活動の幅を広げると共に

ワークライフバランスとやらを見つめ直して

セーブする事にもしました。

またこちらでもご報告できるといいな。
(気持ちは固まってるけど、なんせアップが遅くて^^;)




こちらのブログは相変わらずのボチボチですが

ママサポーターの活動ブログとして

ママサポーターってこんな事してるよって、
ママサポーターに興味を持ってくれてる方
に向けた発信をしていきたいと思います。



ベビーマッサージに関する記事もこれから増えていくので

よろしくお願いします。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※本ブログは、AsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーター個人が管理・運営しております。
AsMama公式ウェブサイトではありませんので、ご承知おきください。
●AsMama公式ウェブサイトhttp://asmama.jp/
●顔見知り同士で送迎・託児を頼り合える「子育てシェア」https://kosodate-share.asmama.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ 2016/01/08 08:50 ]

| ◎AsMamaについて | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。