スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
2月第3回
久しぶりの雨が降りました
昨日まであんなに晴れていたのに 
でも気温はだいぶあたたかくなりましたね 桜のつぼみもふくらみ始めてます
お花屋さんの前を通るとようやく色とりどりのお花たちでウキウキします





2月24日 「ごろんとねんね」

あいさつ
Hello song
What's your name?
Teddy bear, teddy bear
くすぐりあそびについて
絵本「ごろんごろんころん」
  「Good-Night Owl!!」
クラフト おひなさま起き上がりこぼし
 男の子のママはお内裏様をつくってくれました☆
CIMG5791.jpgCIMG5792.jpgCIMG5793.jpg
CIMG5794.jpgCIMG5795.jpg
ベビーマッサージ 全身
Good bye song




今日は8カ月の女の子が新しく参加してくださいました
成長過程はその子その子でみなさん違いますが、毎日・毎週の変化がとても大きいですね
お母さんもお子さんの成長を常に見てあげて 出きること、もう少しで出来そうなこと、少し難しいことなど 遊びにも変化をつけてあげるといいですね


『出きること』なら、繰り返しやらせてあげる。何度も何度も繰り返していても、お子さんにとって毎回感じ方が違うので“またそればっかりやって~”とは思わず“この遊びは今なにが楽しいんだろう?色?形?舐めた感触?動き?”と観察すると新たな発見ができます
『もう少しで出来そうなこと』なら、お母さんが忍耐強く待ってあげる。うまくできなくてぐずってもしばらく手をださないであげます。
この“しばらく”というのは成長に伴って待つ時間は長くなります。乳児の時は数十分単位で。幼児、学生、成人となれば何日、何カ月、何年と移行していきます。
“ぐずる”というのは、まだ言葉や我慢を覚えていない赤ちゃんにとっての唯一の表現方法ですので、何を訴えているかを観察して、くみ取ってあげ、やり方を提示します。
代わりにやってあげるのは簡単です。でも親というのは“木の上に立って見まもる”ものですから、それでいいんです
そういう意識で赤ちゃんの頃から接すると、自分で出きることが増えてきた頃目に見えて楽になります。
『少し難しいこと』なら、あと一歩でできる目標を設定してあげ小さな達成感を積み重ねてあげるのです。
成長には段階がありますので、次のステップを急ぐのではなく“今出きることの一歩先”で十分なんですよ。
あとちょっとで寝返りそうなら、寝返る先にお気に入りのおもちゃや新しいおもちゃなどを置いて必然な状況をつくってあげます。
ハイハイが始まりそうなら、少し先にママの大事な触られたくないものを置くとか

今のお子さんはどの位置にあてはまりますか?

生まれてからの成長は本当にめまぐるしく、悩み・不安・喜び・安堵・喜怒哀楽・・・毎日変化しますので、お母さんも常に気持ちに変化をもてるような心づもりでいてもらえたらと思います。
それにはまずお子さんの観察がとても大事になってきます。
私がこのsweet tum-tumでお伝えしたいとても大切な「アタッチメント」につながりますので、みなさんと一緒に過しながら少しずつでも感じ取っていただけたらと思います。
スポンサーサイト
[ 2011/02/24 23:17 ]

| ◎ベビーマッサージレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。