スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
自分からやる事、他人にやらされる事
この一週間で息子が
自分一人で靴下、靴、ズボン、パンツを脱げるようになりました



靴と靴下は一ヶ月くらい練習してきました
脱ぎながら何度も「かかピ♪(「かかとからピッと脱ぐ」と私が言うのを彼なりに略した言い方で)」と一緒にいいながら脱ぐ場面で強調しながら一緒に
はじめはイライラしながらも、あまりに私がイラっとしてしまう時はスパッと諦め
最近では玄関で一人にして、自分でやらせてみる
出来なくて本人が訴えてきたら手伝う



そんな事を繰り返していました
けれど、ここ一週間はコツをつかんだのか靴が脱げるようになり
本人も驚きながらも喜んで、靴下まで脱げるようになりました




ズボンやパンツはお風呂の時に一緒に脱ぐからマネしやすかったみたい

上手くいかないと“イー”ってなるけど、でも最後まで自分でやります

これでまた自分でできる事が増えました





でも、トイレトレーニングはなかなか進展しておらず

つい数日前、初めてトイレでうんちがでました☆
そして今日が2回目

でもそれ以外は今までと変わらず、パンツが濡れたら教えてくれるという状況

トイレトレを始めて半年程経ちますが、私がストレスをためたくないからなかなかステップアップしないし、本人もまだその気ではなさそう
とはいえ、これでいいのかと妙に焦りだしてました




先日、ベビーマッサージインストラクターの同期と会って色々近況報告などしながら個人的な相談にものってもらいました

一人のインストラクターの娘さんは自分からパンツにすると宣言し、わずか一週間で切り替えれたそうです!
それまではずっと紙オムツで

少し年上の子の様子を見て自分もマネしたくなったとの事




やはり本人から言いだすのと他人からやらされるのでは、本人の気持ちの面(やる気)で成長具合が全然違いますね

できない事をつつくのではなく、出来る事を認め褒め伸ばしてやる方が本人もやる気がでますね(o^o^o)
もしくは自分からやりだすまで待つ。
やると言ったら全力で見守る。

様々な場面でそれは学んできたハズですがその事に改めて気付かされ、やっぱり本人がトイレでおしっこをしたくなるのを待つべきかなぁと思い始めました




いつかは出来るようになるから~というくらいの気持ちで、期待しすぎない方がいい事の方が多いですね
離乳食、歩くこと、遊びに関しても、あらゆる事全て

もし、子供に期待して“思うように動いてくれない”とストレスを感じてしまう事があったら
自分のエゴは一度忘れてみませんか
するとそのままの子どもを受け入れることができますから




少し前に発売された桜井章一さん著書の「育てないから上手くいく」という本はとても納得させられます

オススメです☆
(最後は本のオススメになってしまいました)



スポンサーサイト
[ 2010/10/10 23:29 ]

| ◎成長のしくみ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<サークル準備 | ホーム | 地域子育て支援拠点職員の養成講座>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sweettumtum.blog134.fc2.com/tb.php/40-f867b10f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。