スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
怒りのコントロール②
怒りのコントロール講座後半を受けてきました



前回に引き続き、その日の朝から講座に来るまでの感情を30あるイラストから選び発表しました
時間に遅れたにもかかわらず、私が選んだのは“自信に満ちた顔”
前回話せなかった方と交流できたり、少しでも今後のヒントになればと楽しみにしてきたのです☆
みなさんその後思い思いに過ごしてきて、発表にも力が入ります

あれから怒りのコントロールの仕方が少し分かってきたかな?という風に現在進行形ですが、
みなさんも思いは同じよう

この講座で 溜まっている怒りを人に話し、それを自分自身で受け取り、解決法をみんなで探し、、、
次同じシチュエーションがきた時に生かせるように講座で訓練してきたんですね、きっと

中に、旦那さんへの怒りを“旦那さんを殴る(叩く程度かな)”と言っていたママがいましたが、それは危険ですね
いくらそれでその場は発散できていても、相手にもプライドがあり(特に男性には)、それが自分に返ってきた時が恐ろしいです
自分を大切に。子どもの為にも。 あとは怒りをコントロールする為にも。 

私はなかなか自分の勝手な意地(エゴ)が捨てられないなぁ
私はあれから怒りをコントロールできるようになったのだろうか?と、叱る・しつけ・諦め・認める・できる・できない が入り混じりながら過ごしている日々では切り替えが難しいです
今、息子は2歳1ヶ月。
子供が2歳の時の親の叱り方は今後変わらないといわれている時期なので、私も試練の時です
この講座を受けたのは こうして少しでも発信できる事があればという思いと、やっぱり自分自身の為です
私も子どもと一緒に成長するため、少しでも自分の押し付けを何とかしたかったのです

他のお母さんから「(子どもを)好きに動かせてるので感心します~」と言われたりしますが、それでもまだまだしつけをしてしまおうと自分勝手な理想から離れられず、子どもにはストレスを与えてしまいます
うちの子の場合は甲高い奇声がよく通るので、ストレスが上手く発散できてないんだと分かります
その発散の仕方を教えたり受け止めてやらないと今後の彼の人生どのように変化していってしなうんだろうと時には責任を感じたりも

でも、先輩ママがよく言う言葉に“子どもになって欲しい姿を自分が見せる”というのがあります
子どもには 失敗したってまたやり直せばいい、できなくても焦らなくていい、どんな時も楽しめる気持ちを持って欲しいです
それには私が今の育児を楽しみ、つい自分の理想を求めて叱ってしまっても今の彼をもう一度見て次直せばいい、この時期は今だけだから と再認識することから始めないとですネ

怒りのコントロール講座で学んだことを実践して自分の変化も楽しみたいと思います


スポンサーサイト
[ 2010/11/04 23:39 ]

| ◎成長のしくみ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<SEIYUフリマ出品 | ホーム | 北区子育て広場2010>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sweettumtum.blog134.fc2.com/tb.php/51-af2b18da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。